高知の廃校になったあの小中学校は今!!

大月町・芳ノ沢小学校の校舎(昭和58年廃校・昭和27年築)

カテゴリ: 佐賀の学校

佐賀町は平成18年(2006年)、大方町と合併して黒潮町となっている。

航空写真・昭和40年代後半と平成29年度

佐賀
イメージ 1

街のど真ん中を走っていた国道も現在はバイパスになっている
イメージ 2


拳ノ川ー鈴
イメージ 3


耕作地が減少、消滅し、はっきりと見えていた拳ノ川ー鈴の道路も薄く見える
イメージ 4



拳ノ川
イメージ 5



「高知ー土佐清水」の日帰りが「可能」になったのは、ごくごく最近の話なのだ!!
イメージ 6


イメージ 7


地域の過疎化、学校の廃校とはこの様な事である

イメージ 8

かつて「鈴」から山を越えて「拳ノ川中学校」に通学していた時代あった。


●鈴小学校
●拳ノ川中学校
●伊与喜中学校

平成の時代の大方、佐賀の児童数の推移
イメージ 9



近々「須賀留天然温泉」に行ってみたい!!

高知県ランキング

昭和29年 伊与喜中学校、拳ノ川中学校が佐賀中学校より独立

昭和42年 両校、佐賀中学校に統合。10月に統合中学校校舎完成



現在は診療所になっている
イメージ 1

下がグラウンドで
イメージ 2


上が校舎
イメージ 3


廃校後、昭和40年代後半の拳ノ川中学校
イメージ 4

地理院地図1/25,000「伊与喜」昭和48年発行
イメージ 5

土佐佐賀温泉「こぶしのさと」が
ニュー佐賀温泉と呼ばれていた頃
いや、そのもっと前の事かもしれない。


高知県ランキング

国道沿いから見える伊与喜小学校
イメージ 1


伊与喜中学校は
イメージ 2

この小学校の体育館の場所に校舎があったそうだ
イメージ 3


学校の歴史

昭和29年 伊与喜中学校、拳ノ川中学校、佐賀中学校から分離独立
昭和42年 両校佐賀中に統合 10月に統合中学校校舎落成

またちょと昔(昭和28年)の地理院地図には
イメージ 4

学校の場所が少し北にある

もしかして、そこから移転するタイミングで中学校も開設されたのかも

またの機会に調べてみたい


イメージ 5


もしかして伊与喜小学校の児童達は全員「一輪車の使い手」かもしれない!!

高知県ランキング

荷稲から山越えで鈴に到着
イメージ 1



鈴小学校

到着寸前まで学校で遊ぶ子供達の姿があった
イメージ 2


玄関前の石碑
イメージ 3


やさしく たくましく
(真ん中は、強く、それとも、清く??)

イメージ 4



おもいやり
イメージ 5


学校の授業以前の、日本人の心の事である


人影はまばらだが、やたらと車の台数が多い
イメージ 6

学校前の公衆電話と自販機
イメージ 7


酒屋さんは営業中
イメージ 8


ここでも学校前の通りがメインストリート
イメージ 9


昭和40年代の地理院地地図「伊与喜」

荷稲と道路で繋がったのは「最近」の話
イメージ 10


昭和28年度の地理院地地図

当然、この頃は山道のみ

イメージ 11

かと思えば、鈴から西の峠に向けて1~2mの幅の道路がある。

もしかして、この道は昔からあった広い道だったのかもしれない


また、だからと言って、この「鈴」が陸の孤島であったかというと、それは自動車で移動するという習慣ち車で行けない場所は「不便な場所」という自己中心的な価値観を持つ現在の日本人が勝手に個人的な狭い視野で判断する思い込み以外の何物でもなく、そもそも日本は周りを海に囲まれた海洋国家であり、当時は海上交通が盛んだった訳で、それは日本全国津々浦々という言葉からも判るように、現在の日本人が高速道路を飛ばして隣町に移動するのと同じように、当時は海上を全開でノリノリでカッ飛んでいたのだ!!



昭和37年の鈴小学校
イメージ 12

この頃は鈴には500人程の住人がいて、学校は30~40人の児童で賑わっていた。


学校の歴史

明治12年 拳ノ川小学校の分教場として巡回授業が行われていた
     (明治6年・佐賀小、伊与喜小 明治8年拳ノ川小開設)

大正13年 鈴小学校が設置される

昭和45年 新校舎完成

平成17年 休校


黒潮町の小学校の児童数の推移
イメージ 13


明治時代、日本の人口た4~5千万程だった頃、小学校の数は3万校を突破していた時期もあった。

現代の日本の人口はその倍以上の1億2千7百万人
小学校の数は2万校程である

高知県ランキング

↑このページのトップヘ