高知の廃校になったあの小中学校は今!!

大月町・芳ノ沢小学校の校舎(昭和58年廃校・昭和27年築)

カテゴリ: 夜須の学校


半世紀以上前に廃校となった「仲木屋分校」。

そしてそのすぐ後に最後の住人も山を降りた「仲木屋」についても、もうこれ以上知る事は出来ず、後はこの地が800年前、平家がこの地に入る前の姿に戻るのを傍観するしかない、、と思っていた。

●夜須・学校跡地まとめ


が、しかし過去の「高知新聞」を遡ると「仲木屋」の事が数多く掲載されている。

イメージ 1


そしてまさかの、当時の仲木屋分校の姿を見る事が出来た

【各画像・フルスクリーン対応】

仲木屋分校遠景
イメージ 2


授業中
イメージ 3


校門
イメージ 4


廃校直後

ブランコがある
イメージ 5


昭和39年5月
イメージ 6


昭和26年5月8日掲載

当時の高知県下には分校を含め479校の小学校があった
イメージ 7


昭和29年6月6日

運動場と呼べるものはなかったが、現地を知っている者にとっては今更ながら言われる話でもない
イメージ 8



実は「開校」に関しては「夜須町史」とは隔たりがあり、この当時は私塾のあった明治5年となっている。

また小学校だけで35名の児童が在籍していた事もあったそうだから、「仲木屋」は200人を超える規模の集落であったとも推測できる。

昭和32年4月10日
イメージ 9




また仲木屋分校は、夜須中学校の中木屋分校でもあった・・・・・が、実はそれは教育委員会が認めず、黙認していた「分校」扱いで・・・当時の時代背景が面白い。


昭和32年7月16日
イメージ 10




土佐山田の明治小学校の児童からの贈り物

香我美町舞川小学校、中学校、仲木屋分校、物部笹小学校、河口小学校上岡分校

昭和32年9月17日
イメージ 11



新入生は一人

昭和34年3月4日
イメージ 12



学校の歴史は私塾からとしては明治5年。
しかしそれは「学制」が「明治5年」だからそうなっているだけで、「平家」の「教育」の歴史としては相当昔から行われていたはずだ。

それは、仲木屋の石垣がその他の何処の集落跡を比較しても群を抜いて抜群に精巧な造りである事からも容易に推測できる。


そしてそれは、その他の集落跡の石垣のレベルが低いからではなく、その素晴らし多くの集落跡、石垣跡と比較しても明確に分かる程、レベルが「高すぎる」という事である。

公立の学校としての歴史は「明治29年」からで、これは「夜須町史」より、こちらが正しいだろう。


炭焼き職人と郵便屋さんの話


昭和34年11月3日
イメージ 13




あの「日露戦役紀念」の石碑はこういう事だ。

そして源平合戦から700年後

「平家」が日本を護った、と言っても過言ではない!!

イメージ 14



児童一人

昭和35年2月28日
イメージ 15


イメージ 16




昭和35年5月2日

一面の記事
イメージ 17


分校遠景
イメージ 18



仲木屋分校の池添氏
イメージ 19


昭和36年9月25日

イメージ 20



廃校後の学校
イメージ 21



昭和37年3月15日

イメージ 22


学校は解体されて夜須の公営住宅に建て直されたそうだ!!




昭和39年5月8日

仲木屋のその後

イメージ 23

イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27



在りし日の「羽尾小学校仲木屋分校」

イメージ 28



現在も「仲木屋」は人々の心の中に生き続け、確かに存在した歴史として現在の日本の礎となっている。

イメージ 29




現在、羽尾から奥は通行止めになっているが、また仲木屋に行ってこよう。

行く経路は他にも沢山ある!!







高知県ランキング

イメージ 1

イメージ 6

夜須町の概要
イメージ 2

無人になって半世紀以上。仲木屋の石垣!!
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


国光分校
羽尾小学校
仲木屋分校・1
仲木屋分校・2
航空写真で仲木屋分校発見
仲木屋の二つ目の石碑
仲木屋~上尾川からの道

高知県ランキング

イメージ 1


高知県ランキング

イメージ 1上尾川からの道を記入してみたが(地理院地図の記載を元に)、実際はこの通りではなく、道はかなり崩壊、崩落がすすみ、橋も既に跡形も無く、道なき道を進み仲木屋まで歩いた事になります。

久しぶりの上尾川小中学校
イメージ 2
おおみやはし
イメージ 3
昭和54年2月架設
(上尾川小中学校は昭和62年に休校、現在も休校中)
イメージ 4
ここを過ぎると
イメージ 5
そしてすぐに
イメージ 6
さらに進むと、既に・・・・
イメージ 7
そして、二本の川が合流している地点
イメージ 8
さらに進むと、こんな道案内が
イメージ 9

進む、炭焼きの窯、この先無数に点在する
イメージ 10

再び
イメージ 11

山道の案内板らしいが、既に倒れている
5年や10年ではこんなにならない
既に忘れ去られようとしているのか・・・・
イメージ 12

山道を進む
これは「伊尾木森林鉄道編」ではない
イメージ 13

先日、羽尾で仲木屋にリヤカーで通れる程の道があったと話を聞いたが、決してリヤカーを引いて仲木屋から上尾川に行ける道ではない!!という事が分ってきた。
イメージ 14

いやもう、道があるだけでありがたい
そして地籍調査の人が付けてくれたであろうピンクのテープもありがたい
そして自分も所々、ブルーのテープを付けていく
イメージ 15
そして看板が
どうやらこの周辺ぐらいまで、過去に「観光地」だったようだ
しかし、その面影は看板だけ・・・
イメージ 16
帰りに行ってみるか・・・・
(結局、こっちは行きませんでした)
イメージ 17
そして
こっちは行ってみましたが・・・・
イメージ 18
炭焼きの窯
イメージ 19
どうやら道は対岸の渡るようだ
地理院地図は仲木屋まで川の北に道が着いているが、仲木屋が無人になって半世紀以上、そして近年の大雨で状況はかなり変化しているようだ
イメージ 20
対岸の石垣が見える
イメージ 21
こんな感じで続いている
(反対側から帰り道に撮った写真)
イメージ 22

もうあえて言おう
これも道という状態・・・・・
イメージ 23

そしてこれ程の上流で、これだけの流木
近年の大雨がどれだけ凄ましいかを物語っている
イメージ 24

そして、前回、仲木屋分校跡地の下で見た耕作地とほぼ同じに見える耕作地を過ぎ、それがそこだとの確信も十分にあったが、一抹の不安もあり、ではすぐその先にある神社跡にまで行ってみる事に。

そして、そこは間違いなく仲木屋分校跡地の下の耕作地だった

そして前回撮り忘れた、神社跡の瓦の写真を
まさか、上尾川から歩いてきて撮る事になるとは想像すらしていなかった。
イメージ 25

ここまで約2時間
半世紀前はその半分ぐらいの時間で来れたのでは、と思う。
そして神社もそのままの姿だっただろう。
イメージ 26

帰る事にする

この山の中で、3月の4時を過ぎているのにこの陽当たり
何故ここが耕作地なのか、よくわかる!!
イメージ 27

仲木屋の集落は、選ばれた土地に作られた集落という事だろう
あの集落跡の完成度の高い石垣を見てもよくわかる!!
イメージ 28

実はこのあたりは、羽尾の方に、川の南側にリヤカーの通れる程の幅の道があると聞いていた場所だが、川の北側を歩いている。
羽尾の方も、もう道は無くなっているだろうと言っていたし、道は無数にあるとも言っていたし。
しかしその道も、こんな感じで人工物を見つける事自体が困難な状態にまでなっている。
イメージ 29

お、でもここはいい感じだ!!
イメージ 30

しばらく雨は降っていないが、それでもこれだけの水の流れる沢が数か所あった
イメージ 31
なかなかいい状態
イメージ 32
橋も崩落
イメージ 33

杣人の道
ちょっと登ってみるか!
イメージ 34

道も埋もれかけだ
イメージ 35
道が崩壊
イメージ 36

地図にある写真を撮った場所、で撮った写真!!
イメージ 37

なかなか歩きやすい
イメージ 38

倒れていた看板を起こしてみた
イメージ 39

これが無ければ、全く何処が何処だか分からない状態だったと思う・・・
イメージ 40

下から見て分からなくとも、上から見るとそれが「道」だとはっきりと分かる!という事もある!!!
イメージ 41

上尾川周辺にある耕作地の道
崩壊した仲木屋の耕作地の道も、本来はこんな感じだったのだろう。
イメージ 42
イメージ 43

上尾川小中学校
「休校中」のこの学校の時計は7時13分で止まっている。
イメージ 44

校舎の前にはレンゲが咲き始めている
イメージ 45

久しぶりに「学校前橋」を渡ってみる
イメージ 46
そしてその奥にも道が続いている

そして立派な蔵のある民家跡があった
イメージ 47

そして足元には鹿の骨が
イメージ 48

半世紀前、上尾川小中学校には50人程の児童、生徒が通っていたそうだ。

当時はこの景色の中に無数の民間が点在していた事になる。
イメージ 49

俺の生まれる前の話になるのだが・・・・・



藤ノ谷の集落(昭和50年の航空写真)
右下が寺内、右上が押谷
イメージ 50
イメージ 51



高知県ランキング

仲木屋分校跡地の日露戦役碑の他に、もう一つ石碑があると聞いていたので再調査に。羽尾で地元の方に話を聞くと、石碑の事は知らないが、分校跡地の下に2本の沢が合流する場所があり、そこに神社がある。そのようなものがあるとすると、そこではないか!との話。そして川沿いに、下流の尾川まで、リヤカーを引いていける程の幅の山道が存在するとの事。
その方は仲木屋分校の卒業生で、中学校は夜須中学校で、羽尾から通学ではなく、夜須の宿舎に泊まり込みで学校に通っていたそうだ。
また、その方も数年前まで、時々仲木屋の山仕事に出かけていたそうで、あの蔵の横にあった仲木屋で一番新しい民家は、数年前まで、あの蔵の持ち主が泊まり込みで山仕事に行く時のための家だそうだ。

イメージ 1

あのカーブミラーの杣道の入り口から、5分程で分校跡地に着く。
そしてそこから下に行く道を探すが、無い。
ひたすら斜面を下ると、徐々に水の音が大きくなり、尾川川に着く。

そしてそこは丁度二つの沢が合流している場所で、石垣があり瓦が散乱し、地元の方が、そこには鳥居があり昔はよく遊んだ場所だった!と言っていた、そんな面影は全く残っていなかった。

イメージ 2

二つ目の石碑はこれになるのだろうか。明治31年。日清戦争後の日付だ。
だとすると日清戦役碑なのだろうか?
イメージ 3

ここも、近年の大雨で崩壊していったのだろうか・・
イメージ 4

学校跡地の下の川沿いには耕作地がある。
イメージ 5

そしてそこは、この沢を挟んで、隣の東側の集落の下の耕作地と繋がっている。
イメージ 6

半世紀以上たった今も
イメージ 7
当時はこの沢に石垣をしっかりと築いていたようだ

イメージ 8

まるで線を描いたような見事な石垣が続く
イメージ 9
そして水路に沿って設置されている小道を登る
イメージ 10

大雨で崩壊する前、植林がある前は、かなり素晴らし景色が広がっていた事だろう
イメージ 11

そしてその上に一回りも二回りも大きな石で築かれた、一段と立派な石垣が見えてくる。
もしかしてこの上に豪邸が・・・・
イメージ 12
上に進む道がある
イメージ 13
その横に杜があり
イメージ 14
登っていく
イメージ 15

もしかして豪邸がとも思っていたし、そろそろあの集落かなとも思っていたが。
あの、仲木屋で一番賑わっていたと思われる集落に着いた。
下から登ってきて初めて気付いた。
この集落の石垣があれ程までに立派なものだったとは!!!
イメージ 16

そしてこの集落の石垣は、このようになっている。
イメージ 17

帰りに改めて、先ほどの地元の方のところに寄って話を聞かせてもらったが、これは、この石を足場替わりにして上の段に上がるためのものだそうだ!!
イメージ 18

そして更に東の集落に向かう
道はある。そして崩壊した橋の石垣があり、その先は道が崩壊しているが、前回強引に進んできた道なので、地図には記載している。
イメージ 19

そして前回時間の関係で、途中で引き返した上の道を東に進む事に
イメージ 20
ここの沢にも綺麗に石垣が築かれていた
イメージ 21
イメージ 22

そしてこの道は一番東の集落の、あの道に繋がっていた。
イメージ 23
そして前回自分が付けていったいったブルーの目印に出会う!
イメージ 24
これを左に進めば林道に着く
イメージ 25

でも、もう少しこの集落の上の部分を調べたいので、尾根の杣道ではなく、少し左に逸れた道を、さらに左に入ってみると、鉄塔が・・・
イメージ 26
イメージ 27

まあもう大体何処の辺りを歩いているか見当がつく
イメージ 28

そして林道に合流
今回は民家跡を見つかける事が出来なかったと思っていたら、林道のすぐ横に
イメージ 29

地理院地図には、この林道周辺の民間の記載はない
イメージ 30

そしてそのすぐ横にも、民家跡というより、倉庫跡という感じの残骸が落ちていた。
イメージ 31

地元の方の話によると、この仲木屋の一番上の場所で、雨水だけを利用しての稲作に成功していたそうで、田んぼがあった頃の、倉庫、瓦屋根の倉庫跡ではないかと想像する。

高知県ランキング

遂にあの仲木屋分校の屋根を発見した!!!
嬉しい、超嬉しい!!
と言っても、実際に行った人にしか分からない感覚でしょうが、とにかく嬉しい!!

1975年の仲木屋の航空写真
イメージ 1

これに、自分が作成した仲木屋の地図を照らし合わせてみる!!
イメージ 2

もう一度!!!
イメージ 3
杣道、民家跡、分校跡を記入
イメージ 4
そして同時期の、別の航空写真も
イメージ 5
こちらにも記入してみる!!!
イメージ 6

ますます仲木屋エリアの状況を再調査しに行きたくなった!!!!

ヤッシーパークを北上していくと、国光分校跡がある。
イメージ 1
現在は集会所になっている。
イメージ 2
大きな石碑がある。
イメージ 3

歴史
明治 5年 国光小学校として開設
明治25年 国光分教場となる
昭和47年 夜須小学校へ統合 100年の歴史を閉じる
イメージ 4

南側にはフェンスの跡が残っている。
イメージ 5
北側からの跡地
イメージ 6
ありし日の国光分校
緑の屋根の倉庫は当時からのもののようだ。
イメージ 7
道路反対側にも学校の校舎っぽい作りの建物があるのが気になる・・!!
イメージ 8

跡地にあった国旗掲揚台
舞川には日清日露の戦役碑があった。見落としていただけで、国旗掲揚台もあったと思う。
撫川にも愛国の塔と国旗掲揚台があった。
仲木屋にも日露戦役碑がと国旗掲揚台があった。
イメージ 9

戦前の学校は、当たり前のように国旗を揚げてようだ。
八ノ谷小学校跡地では、地元の方が学校は8時の教育勅語から始まってたという話を思い出した。

現在は大釜荘になっています。
イメージ 1
学校跡地の石碑
イメージ 2
「夜須風土記」には明治30年の久重小学校の分教場からの歴史となっている。
イメージ 3

が、石碑の裏には、「明治7年、1874年2月、行遠学舎を廃して、第三大学区、第四番中学校区、第144番小学校区、羽尾小学校として設立とある。

そして昭和51年(1976年)夜須小学校に統合。 卒業生573名。
イメージ 4

石碑の周りは
イメージ 5
フェンスがあった頃
イメージ 6
ありし日の羽尾小学校
イメージ 7
上の二枚の写真は
「追憶・わが母校・過疎 廃村写真集 井上正臣」より転載させていただいています。

イメージ 8

そしてその中の資料
イメージ 9

そして平成27年の高知県教育委員会・小中学課の資料
イメージ 10
続き
イメージ 11
ちょっと信じられないが、高知県の現在の小中学校数は昭和46年の半分以下になっているようだ!!

高知県ランキング

歴史 
明治41年4月 私立の仲木屋教育所を羽根尋常小学校の分教場とした。
        通学区は沢谷の上文、仲木屋、上倉で児童数十数名
昭和36年4月 廃校 最後は児童一人、先生一人だったそうだ。
                (夜須町史より)

--------------
平成30年10月23日追記

が、実際は当時の新聞によると分校の歴史は明治5年の私塾からと明治29年の公立校としての扱いからとなっている。

また仲木屋の歴史は源平合戦後の平家800年の歴史そのものでもある。

ーーーーーーーーーーー

また「夜須風土記」では
イメージ 1
昭和35年廃止となっている。
イメージ 2

仲木屋小学校跡地周辺の概要。
5つの沢を挟んで、陽当たりの良い場所に6つの地区が確認出来た。
イメージ 3

今回は前回の帰りに見つけた717地点の一つ西の杣道からアプローチ
イメージ 4

すぐに前回行った集落跡に到着
途中に何かあると思っていたが、特に何も無かった。
そして前回の帰り道のさらに先に進む。
そのまま西の集落に着くと思っていたが、道は高度を上げ、上に行く道と下に行く道の分岐点に。
このまま上にに行けば林道に着きそうだし、下に行けば跡地に着きそうだ。
イメージ 5


帰りは、ここから林道に戻ろう。多分すぐそこだ。
そして山道を下に進む。
半世紀前の山道とは思えない雰囲気がある
イメージ 6

到着した。
イメージ 7
国旗掲揚台と石碑がある
イメージ 8
校舎の基礎はこの大きな石
もしかして分校まえの教育所時代からのものだろうか。
イメージ 9
国旗掲揚台
これは撫川小学校跡地にも国光小学校跡地にもある同じ作りのものだ。
イメージ 10

事前にこの日露戦役の石碑が分校跡地の目印との情報をもらっていた。
これと同じく、日清日露の戦役を刻んだ石碑が舞川小学校跡地にもあった。
国旗掲揚台といい石碑といい、この地域の教育は戦前の教育の色が非常に濃いものだったのだろうか。
というより、戦前の教育の形を残したまま、戦後も存続していたという事だろうか。
それとも、殆どの学校で戦後の改築、移転等で戦前のものは次々と破棄されていったのだろうか。
イメージ 11
電気の部品
イメージ 12
学校敷地の下にある風呂釜
この場所からして、民家跡というより教員宿舎跡だと思う。
イメージ 13
学校跡地の下
イメージ 14
お墓
イメージ 15
まるで等高線を描くかのように石垣が築かれている
イメージ 16

西に行ってみる事に
道なりに進み、沢を渡るが、どうやらここも当時からの道で石橋がその後の雨で崩壊したようだ。
イメージ 17
奥にかろうじて人工的に積まれた石積みの跡が残っている。
イメージ 18
電柱と、電柱を切った跡発見!!
イメージ 19

電柱の日付を確認したかったが完全に消えていた
イメージ 20

そしてここにも極めて整然と整備された石垣跡が残っている。
イメージ 21
イメージ 23
ここは山奥の集落だが、学校が出来る以前から地域の教育場があり、少人数ながらも極めて高い知識と技術を持った人達が住んでいたのでは!!という印象を受ける。
イメージ 22
民家の基礎跡
イメージ 24
茶碗、もしかしてかなり価値の高いものだったりして・・・
イメージ 25
民家の風呂釜
イメージ 26
さらにその下の段に当時の建物がそのまま
イメージ 27
そして蔵がある
イメージ 28

そして、そこからも西に道が続いている
沢を渡るが、ここも当時からの道の雰囲気が僅かに残っている。
イメージ 29

瓦や食器とかいろんな物が落ちていて、その先に、耕作地があり、ここからアンテナ塔が見える。
イメージ 30
そしてその上の段には民家跡が
イメージ 31
そして送電の部品が
ここも、その集落の長い歴史の最後の数十年、電気のある生活を経て幕を閉じる事になったらしい。
イメージ 32

この先も道は続いている
ここまで来ると、下の羽根まで行ってみたい気もするが・・・

引き返して学校跡地の上の分岐に着く
イメージ 33

そして緩やかな道を登り林道に着く
イメージ 34

林道を挟んで対角線上に「100m下に仲木屋分校跡地の石碑」が見える。

あの場所でも確かに100m下ではあると思うが・・・
もしかして、これって担当の人が、少しだけ間違って50m程西の反対側に設置してしまったとか。
それとも誰かが、ここにあった石碑を、引っこ抜いて、わざわざあっちに埋めたとか・・・


一世紀前、この地から5人の男達が未曽有の国難に立ち向かっていった!!

伊尾木森林鉄道の調査も一段落し、再び学校跡地訪問へ!!

①という事は、つまりまだ到達していないという事である・・・・・・・・


現状はこんな感じのようだ。
イメージ 27

夜須、羽尾小学校仲木屋分校は半世紀以上前に廃校になった学校で、集落自体も同時期に無人になっているようで、林道脇にある跡地の石碑を目印にその下100mの山の中にあるそうだ。
イメージ 1

ヤッシーパークから51号線り羽尾の集落のまだその先の林道入り口
イメージ 2

その先 4キロ程に石碑がある。
舗装があるのは最初だけ。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

ここから下へ100mとあるから、素直に林道の北側を降りる。
鉛筆を持つ手でノートに影が出来ないように黒板は西向き!!の法則からして??と思いながら100m以上歩き、撫川へ続く川沿いもしばらく歩くが、耕作地と、炭焼きの窯跡と、川を渡る小橋の土台数か所しか発見出来なかった。
そして、その反対側(南側)にも降りてみるが、耕作地跡の石垣しか発見できなかった。
全く、何処を起点に、どちらに100m下かが分からない・・・!!

その日は時間もなく、帰って地理院地図を見て次回の作戦を考える事に!!
とりあえず、状況が分かったから、よし!としよう!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして後日

その後に林道が出来、当時の地理院地図と状況が変わっているので、石碑を起点に考えるのではなく、少し先の717地点の尾根から集落を探す事にする。

イメージ 6
そして、717地点から入る!!

この等高線から尾根が歩きやすい事は想像がついていたが、しっかりと杣道があった。
ブルーのテープで目印を付けながら、尾根の東側への道を探す!
イメージ 7

下り過ぎないように気を付けながら、そろそろという感じの地点に道があり、すぐに民家跡があった!!
イメージ 8
まだこんな状態で残っているとは・・・・
イメージ 9
民家の中には当時の生活を偲ばせるこんなものが・・・・
イメージ 10
これは・・・・・・
イメージ 11
この家の玄関の石段!!
イメージ 12
同じ敷地の隣の建物は完全に崩壊している
イメージ 13
立派な石垣の上に、その民家跡はあった
イメージ 14

そして、等高線から分かるように、その西側が広くなっている訳だが、そこは石垣でしっかりと仕切られていた!!
イメージ 15

そこから西に向かうと、石垣、民家跡、耕作地跡があったが、歩くのが大変なほどで、写真を撮っていない・・・

そしてその先にさらに大きな集落跡が
イメージ 16

ここが仲木屋の繁華街かも
イメージ 17
当時は整然と整備された綺麗な集落だったのでと想像出来る!!!
イメージ 18

杜があり、小松さんのお墓があった。
杜はまだ手入れがされているようだ!!
イメージ 19
ここにも民家跡が残っている
イメージ 20

がしかし、漠然と仲木屋の集落跡を発見出来たが、目的の学校跡が見当たらない。
というか、一体何処を、何を根拠に、何を目印に学校跡地を特定すればいいのか、
ここに来て初めて疑問に思ってしまった。
イメージ 21

まあ、この日は安芸でのサッカーの試合の後、現地到着三時半で、ここまで来れたから、よし!としよう。

帰りは、ブルーのテープを辿りながら帰ろうと思っていたが、この集落をさらに西に歩くと、上に林道に辿りつけそうな場所があったので、そこから登って帰る事に。

実際に林道に出るまでは、ドキドキしながらも、結果的には、さらに仲木屋への近道を発見出来たので、これも、よし!としよう!!

イメージ 22
このすぐ下に、仲木屋への道がある!!
下り2分。登り5分ぐらいだろうか!
イメージ 23
石碑から、少しく下りになり、そこから再び717地点に登る坂の手前のこの看板が目印だ
イメージ 24

時間は5時を過ぎ、辺りは暗くなり始めている。
そして、なにやらポケットが騒がしい!!
どうやら携帯が鳴っているらしい!!
イメージ 25

本部からだ!!!
今日は疲れたから、晩飯を買ってこいとの伝令!!!

このペースで帰ると、丁度、野市の半額タイムに間に合う事になる。

夜須の仲木屋のこのヤッシーパークの見渡せる周辺は、携帯の電波も良好らしい!
イメージ 26

↑このページのトップヘ