大正林用軌道インクライン跡の後に訪問したのが、そこから北上した梼原の「家篭戸」

理由はその地名の特異性。

2-2-5  地図


松原小学校跡を過ぎ左折し初瀬西小学校跡方面に向かう。

二度目の左折が「家篭戸」への道だ。

道も良好、周辺の集落も明るく、学校は廃校になったとはいえ人々の姿がある。

そして家篭戸への道に進み、地元のばあちゃん二人が話をする横を通り過ぎ家篭戸に向かい右折する。


が、、、いきなりそこからダートの道に。

周辺の集落は令和の時代にも続いているようだが、どうやら、、やはり、、家篭戸は昭和の時代の集落のようだ。


それでも令和の時代になっても現存する、受け継ぐべきもの、引き継ぐべきなにかを予感しながらすすむ。
その大きな理由の一つに、まだ電線が通っているから。

ダートではあるが状態は良い。

その先に「家篭戸橋」 設置されたのは昭和51年
2-3-2 すぐにダート その先に家籠戸橋

2-3-3  家篭戸


それまでは「つり橋」だったのだろうか。

それとも川を渡るための簡易な設備があったのだろうか。
2-3-4  51年3月


いずれにせよ、ここが当時からの「道」であった。


この先も電線が続くが、すぐに家篭戸一丁目に到着3-3-3  ここが家籠戸の一丁目

家篭戸川にそって東西に延びた耕作地跡が出現。

電柱もここで終了
3-3-11  電柱はここで終了

かといって、ここに民家が現存し電力を供給している訳ではない・・・・・

この先も家篭戸川を右に左に渡りながら進んだが、どうやらその後にできた作業道らしい

集落跡を下流にむかって
3-3-6  集落跡を下流に向かって

現在の基準では民家跡に見えないが、民家跡だと思う
3-3-6-2  民家跡に見える


あの分岐手前で地元のばあちゃん二人組に話を聞いておけばよかった
3-3-7  民家跡と耕作地跡だろうか


お墓はあるが、神社が見当たらない・・・・だけで、あるはず!!

3-3-7-2  もう民家跡は



そして集落の中央には耕作地を潤す水源がある。3-3-3-2  耕作地を潤す水路を中央に

かつて遠い昔、この地にたどり着き、水源を確保し、原野を開拓し、この地に生活の基盤を築いた先人達の勇気と知恵と、なによりもそのバイタリティが今の日本の礎になっている。

3-3-8  全ての杭に


そしてここには、屋台があった・・・・・

3-3-10  そしてここには、屋台があった  
んな訳ね~よ


・・・・・んな訳ねぇーーーーよ(笑)


それにしても、この家篭戸に児童生徒たちは一体どの道を使って小学校中学校に通っていたのか。
そして尋常小学校、尋常高等小学校に通っていたのか・・・・・・

この状況からすると昭和51年に家篭戸橋が設置されたとき、既に家篭戸の集落は無人ではなかったと思われる。

ーーーーーーーーーーーーーー
(令和2年4月22日追記)
【昭和50年の航空写真・家篭戸周辺】
キャプチャ 50-2

キャプチャ 50-3

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



現在ネット上には家篭戸に関する具体的な情報はない。
(とはいえ、現地付近に行けばまだまだ話は聞けそうです)

が「カロウト」という地名に対する興味深い記事があった。
https://www.shimanto-chimei.com/%E3%82%AB%E8%A1%8C-%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%91%E3%81%93/%E3%81%8B/%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%88/

かろうと(カラヲト・唐櫃・唐音・鹿路都・家籠戸)


■編集子の語り

 遠い昔、カロウトの話を聞いたことがある。多分、梼原の家籠戸のことであったが内容はよく覚えていない。寒い風が通り抜けるような「カロート」の音が今も耳に残っている。

 このカロウト、先日NHK新日本風土記で放映していた。尾瀬の福島側の入山口となる雪深い奥山・福島県桧枝岐村では江戸時代から昭和30年代までの風習として、桧でしつらえたカロウト(唐櫃。実物は脚がない)を嫁入りに持たせ、男は成人になり渡されたという。このカロウトは、普段は衣装箱であるが、持ち主が亡くなったときには棺になるとのこと。冬場雪深いこの地ではすぐには棺をしつらえることができないことから、事前に備えた知恵である。それととともに、人生の終焉の備えは、臨終只今の覚悟でもあり、生きることへの潔さを感じるカロウトである。また、墓地も雪かきや墓堀りができるよう道沿いにつくられているという。貧村ゆえ僧侶も居つかないこの村では、村人が寄り添い葬送の儀をおこなったであろうし、日常的にも道端で祈りの手向けが行われていることだろう。

 

 この全国に分布するカロウトの地名について、桂井和雄氏は高知県内各地のカロウトの地名を示し「現地踏査によれば、峠のように見えながら、勾配のきわめてゆるやかな切り通しの道であることが共通していた。土佐市北地のカロウトの遠望は、カメラを通してのぞいて見ると、西日の影が差すその深い切り通しの道は、大きな墓地穴の底を連想させた。」という。

 四万十町金上野にあるカロウト越は、桂井氏のいう切り通しの道である。望めば横倉山とおなじ土佐修験の山「御在所」が鎮座し、その麓には「市野瀬」(イチの語は神をあがめるの意の「斎(いつ)く」のイツと同じ語源)があり、峠としての結界の地でもある。

 峠のおおくは村界でありそこには悪霊や災いが入ってくるのを防ぎ村を出ていく旅人の安全を守る賽の神(道祖神・祠・石仏)が祀られた。

 この世とあの世、世俗と修験、日常と非日常。その空間を仕切る事物は鳥居・注連縄・暖簾・箕と塩・躙り口など多様であるが、その結界の地を聴覚化し呼び継がれたのが「カロウト」ではなかろうか。

 

 「カロウト」地名について、桂井氏は「大きな墓地穴の底」と表現し、郷土史家・岡村憲治氏は幡多地域の事例から「小さい内地(うとち)」と解釈している。編集子が思うには、中世の葬制の変化により使われなくなり、「カラ」となった遺体を納める空間(納骨棺・洞穴)の「ウト」が、カラウト→カロウト→に転訛したのではないかと思う。物としての棺も、墓石の下に設けた石室も、結界である峠としての空間も、同じくカロウトと呼ばれるようになったと考える。

 長宗我部地検帳には県内各地に多くのカロウト地名が記録されていることから中世以前の地名であることは確かである。

 

 民俗研究家の筒井功氏は『葬儀の民俗学』や『「青」の民俗学』で「日本古代の葬制は洞窟葬である。古墳時代の横穴葬、塚を築く古墳も要するに洞窟葬の延長である。その葬法は、日本人の宗教観・他界観の反映であった。」と述べている。柳田國男も「石器を使っていた時代の人骨は出て来るのに、いかなる古い村にも中世以前の墓場というものがない」と述べていることから「カロウト」は各地の葬制と洞窟や峠の地形との関連、青地名との関係などを現地踏査することにより地名由来を発見することができると考える。

 カロウト地名の分布が大川(四万十川、仁淀川、物部川など)沿いには出現しないことから葬制の相関性が一つの発見になるかもしれない。

 

 余談だが、櫃は、脚を4,6本付けた蓋のある収納箱で湿気から衣服・書物などを守る役割を担った。これと同じ機能を持つ「おひつ」は蓋はあるが脚がない。いまでは炊くから保温まで一体化した器具をジャーと呼んでいるが、昔は炊いたご飯を「おひつ」にうつし余分な水分を取る最後のひと手間の調理道具(けっして容器ではない)があった。

 また、櫃でも脚のないものは、倭櫃(やまとびつ)と呼ぶそうだ。脚がないのに唐の字をあてているが、本来は亡き骸のカラの櫃で「カラヒツ」である。

 またまた、余談だが「おひつ」も夏になるとご飯がすえるので「そうけ」にいれた。それも取っ手のついたもので風がとおるところにひっかけ吊るしたものだった。秋にはふかし芋をどっさりそうけにいれていた。白米の消費を減らすため夕飯前に芋をたらふく食わすことが貧しい家庭の食料戦略だったという。おやつのない戦後世代はまさに「一杯喰わされた」。

 箕もそうけもおひつも暮らしからなくなった民の芸。箕つくりの職としてのサンカ社会がなくなり、つくる技がなくなり、すえるという味蕾も衰え、箕をつかってふるい分ける仕方など、民芸を失うことが暮らしの知恵を退化させていくのだろう。

 生活するチカラの弱くなった自律できない「ヒト」はいつしか絶滅危惧種になるのではと考えてしまう。

 暮らしの中で「チンする」は立派な動詞になっている。食文化の大革命である。食の素材は自ら菜園尻(しゃえんじり:自宅の周辺の畑)で育て、実を選別し、煮詰め、挽き、干すなどの加工を加え、醸し、蓄え、その一部を一夜の食とする。そのすべての過程をギュッと短縮した「食品」をチンすると、モノの時空が湯気の中から食卓に広がる。なんと便利な世界になったものだ。

 人生の最期もチーンとなって火葬されるが、煙突の先にはその人の歴史が煙となって空に消えていくのだろう。

 

(東京オリンピック以前の「昭和の伝承者」の使命をもつ60歳代)

>!!

高知県ランキング