高知の廃校になったあの小中学校は今!!

大月町・芳ノ沢小学校の校舎(昭和58年廃校・昭和27年築)

2016年12月

イメージ 1

 
現在休校中の北原小学校谷地分校
イメージ 2


イメージ 3


金網フェンスがなければ民家にも見えてしまうかもしれない。
イメージ 4


校門
イメージ 5


学校の石碑
イメージ 6


学校の歴史
イメージ 7


現在は平成25年度より休校中だが
昭和58年にも一度休校になり
昭和61年に開校している

その翌年に現校舎が完成し
平成2年度にプールが完成
イメージ 8


校庭
イメージ 9


イメージ 10


隣には教員住宅らしき跡が
イメージ 11


少し遅れてるが「時計」は動いている
イメージ 12


谷地の集落 方面
左手には学校
イメージ 13


同じ場所から東方面
イメージ 14


学校の少し東の道路脇に
平成2年度完成のプールがある
イメージ 15


この坂道が通学路だったとは・・・
イメージ 16


本校である北原小学校は、この坂を下っていった平野部にある
イメージ 17


昭和29年に完成した旧校舎
イメージ 18


昭和の時代には、このような木造校舎が各地に沢山、現役の校舎として使われていた。


-------------------------
平成30年7月19日追加

在りし日の「北原小学校・谷地分校」
イメージ 19


「写真集 ふるさと今昔 土佐市」より


高知県ランキング

イメージ 1

学校が見えてきた!!
イメージ 2


芳の沢小学校のように、この木なんの木きになる木がある学校だ。
イメージ 3


宿毛市立石原小学校
イメージ 4


学校の石碑と国旗掲揚台
イメージ 5


愛情の碑
イメージ 6


学校の歴史
イメージ 7

開校は明治10年頃と推定される

平成3年、小筑紫小学校と統合、閉校
その小筑紫小学校も平成20年に閉校
現在、地域の子供達はその少し南の小筑紫小中学校に通っている。


体育館というより、僻地集会所かな
イメージ 8

校庭
イメージ 9

なんなんだこの感覚は!母校でもないのに懐かしさが込み上げてくる。
芳の沢小学校を訪問した時と同じ感覚だ!!


この小学校も桜吹雪の舞い散る美しい風景の小学校だった。
イメージ 10


学校の隣には、売店ではなく、食堂

つまり石原小学校の児童達は学校帰りにこの食堂でかつ丼を・・
いやいや、一度家に帰ってランドセルを置いてきて、ここでかつ丼を・・
でもなく、

これはきっと多分、周辺の農作業をしている人達に、昼ご飯を提供する場所だったに違いない。
あれだけ個人経営の外食産業が多い宿毛の事だから、きっとそうに違いない!
イメージ 11



南側には広い道路が整備されている
イメージ 12

小筑紫方面には山を切り崩し、道路を通し、交通の便は良くなったが
イメージ 13

その副産物として、過疎化の進んだ集落と、学校の跡地があるのには、ちょっと複雑な心境になる!!


高知県ランキング

イメージ 1

うらめしやは高知空港の近くにある。


行けば分かる、という言葉があるが、ここは
行っても分からない、そして、行かないと分からない
そんな場所にある。

イメージ 2

到着した!!
イメージ 3


うらめしや、そう、そこは昭和に雰囲気が充満した、魅惑の大衆食堂なのである。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


でも夏場は簾が掛かっていて、うらめし屋が隠れている
イメージ 7

イメージ 8


さあ、入ろう!!! 腹減った、飯だ、飯だ!!!



で、その前に、
お気付であろうか・・・

平凡な平日のお昼時、いままさに店内に入ろうとする私の前に、ここでしか絶対に遭遇する事の出来ない、ある現象が起きている事を・・・・
イメージ 9


これである・・・
イメージ 10


「うらめし・・・」

陽の高い夏場は絶対に見れない現象である。



店内は
イメージ 11


お水、お茶は客が勝手に入れている

皆 常連だから、もうそうなってしまっている!!
イメージ 12


三山ひろし一色の壁

そして当然、BGMも三山ひろし♫♫
イメージ 13


とりあえず、メニューはあるが、入ると全員が「日替わり」を食べているというのが定番のコースだ!!!
イメージ 14


とある日の日替わり、「カレー」
イメージ 15



これは「ラーメン定食」
イメージ 16

おかずがこれだからね!!
イメージ 17


とある日の日替わり「親子丼」
当然、単品ではなく「おかず」付
奥に見えているのがそう
イメージ 18


とある日の「日替わり」
イメージ 19



とある日(本日12月16日)の「日替わり」、揚餃子
といっても、盛り付けが凄い
イメージ 20

日替わりの内容は、入り口横のボードに書かれている
イメージ 21


とある日の日替わり「きびなごのフライ」
イメージ 22


とある日の日替わり「ちらし寿司」(昨日だ昨日、12月15日)
イメージ 23



とある日の日替わり「おでん」
イメージ 24

たまにボードの内容が前日のだったりする事もあるが・・・
イメージ 25


とある日の日替わり「さんまのフライ」
イメージ 26


とある日の日替わり「ハンバーグ」
イメージ 27


で、これで「日替わり」が500円なのです。
 (小380円。大盛620円)
 (さんまフライの時が大盛です)

あとラーメン定食は670円だったかな??)


さて、来週も行ってくるか!!!
うらめしや!!!!!
(^^)/(^^)/(^^)/

高知県ランキング

イメージ 1


正門
イメージ 2

門柱
イメージ 3

イメージ 4


校舎
イメージ 5


学校の石碑
イメージ 6


学校の歴史

開校 明治 5年
閉校 平成20年
イメージ 7


入学、卒業の時期は、桜が咲き、桜吹雪が舞い散る季節だ!!
イメージ 8

高知県ランキング

イメージ 1

明治33年 平田小学校上野分教場として開校
昭和54年 平田小学校に統合


この橋を渡るともうすぐだ!!
イメージ 2


久礼乃川橋
イメージ 3


昭和34年 学校が新しくなった翌年だ。
それ以前は吊り橋・・・?? うーん、車が通れる程度の小さな橋だったに違いない。
イメージ 4


学校跡だ
イメージ 5


校庭
イメージ 6

石碑がある
イメージ 7


学校の歴史
イメージ 8

イメージ 9


隣接して集会所
イメージ 11


イメージ 10

校庭の面影は卒業生にしか感じる事はできないかもしれない・・
イメージ 12

でも、季節が季節なら、誰にでも感じる事が出来る場所にも思える・・!!
イメージ 13


正門付近  お馬さんがいる
イメージ 14


イメージ 15


茂みの中に門柱が残っている
イメージ 16


どちらにも文字はない
イメージ 17


学校の西の民家跡にはお風呂だけが残っている
イメージ 18

ゼンリン住宅地図1983年  高倉さんの家のようだ
イメージ 43


西に進むと分岐があり
イメージ 19

左に進むと
イメージ 20

上野橋
イメージ 21

昭和39年
イメージ 22


昭和33年、あの場所に移転する前は、この分岐の北に学校があったようだ
(地理院地図 1/50000 昭和29年)
イメージ 23


移転後の地理院地図 昭和42年 1/25000
イメージ 24

まだ児童達が学校に通っていた頃の航空写真
イメージ 25


分岐の北に小道があるので登ってみる
イメージ 26


水路跡
イメージ 27


石垣がある。 
イメージ 28

住宅地図からすると民家跡にもなりそうだが、個人の土地に学校が建てられていたのかもしれない。
イメージ 29

もしかして、その後 校舎は林業関係者が使用したとか・・・
イメージ 30


もう無人になった集落の60年程昔の話になるので、あくまで推測しか出来ないが、今で見たきた学校跡地のケースを考えると、あり得る話の一つだと思う。
イメージ 31


更に西に進む 



その先に神社がある


なんと塩ビのパイプで鳥居を作っている。
イメージ 32


日付は明治16年
イメージ 33


神社の本体は、風化わ最大限に抑えるように、この中に保存されているようだ
イメージ 34


まだ定期的に掃除もされているようだ
イメージ 35

かつては、初詣、夏祭りが行われていた場所だろう
イメージ 36


神社の石碑  寄付に関するものだ
イメージ 37

イメージ 38


昭和52年 神社の修理に
イメージ 39


昭和54年 コンクリ舗装に
イメージ 40

最初は鳥居が塩ビのパイプで作られている事に違和感を感じていたが、学校も廃校になり、どんどん人が減っていく状況の中で、神社の鳥居の修繕が必要になり、正規の鳥居を作る費用が集まらず、限られた予算の中で考え出された苦肉の策だったのかもしれない。

確かに、塩ビで作られた神社の鳥居だけを見ると、それは極めて不自然に感じる部分もあるが、時は平成28年、宿毛の街からここまできた道のり、そして辿り着いたこの集落、学校跡地の状況を考えると、当時の人々が過疎化が進む中、この地域の歴史を伝統を存続させていこうとしていった熱い気持ちが伝わってくる。

そしてその気持ちは、完全に無人になり、当時の建物すら崩壊してしまったこの時期に訪問してきた、この私にもしっかりと伝わってくる。



廃校後の平田第二小学校
正門西のお馬さん、遊具もある
イメージ 41



神社から帰路につき、学校跡を通過するが、ちょっと気になって引き返し、もう一度専門付近を見てみると
イメージ 42


なんと、反対側にもお馬さんが対をなすように向き合っていた!!!

高知県ランキング

↑このページのトップヘ