高知の廃校になったあの小中学校は今!!

大月町・芳ノ沢小学校の校舎(昭和58年廃校・昭和27年築)

2016年06月

イメージ 1


高知県ランキング

平成15年 大川中 川口小学校と統合し、大川小中学校。

小松川橋からの船戸地区

イメージ 1

地理院地図 本山 1・2500 昭和44年発行
イメージ 2

旧船戸小学校もダム湖の中

校舎がダムが完成した後の大雨で流されたそうだ。 なんとも・・・。
イメージ 3

つぼみ保育園跡
イメージ 4

イメージ 5

高知県ランキング

昭和45年 田井小学校へ統合

地理院地図 1・25000 本山 昭和44年発行
イメージ 1

当時の西部小学校の場所
イメージ 2

今はダム湖の中
イメージ 3

早明浦ダムの完成に伴い、統合になったのだろう。

高知県ランキング

イメージ 1

開校は明治16年頃
イメージ 2
到着
イメージ 3

イメージ 4

そこは美しい木造校舎だった
イメージ 5

映画のロケ地になるのも頷ける!!
イメージ 6

こちらの門からの景色も美しい!!
イメージ 7

格子窓
イメージ 8

当時のまま
イメージ 9

イメージ 10

給食室
イメージ 11

南側
イメージ 12

スロープが付いているのは何でだろうか?
イメージ 13

前には棚田があり
イメージ 14

この風景の昭和、大正、明治、江戸と遡り100年、200年と変わらない風景だと思う。
イメージ 15

道路を挟んでプールが
イメージ 16

イメージ 17

そしてこの集落のこの風景も長い間、ほぼこんな感じなのだろう!!
イメージ 18

これはもう重要文化財クラスだ!!!! と真剣に思っている!!!

学校は「母校」と呼ぶように、その属性は「女性」である。
そして人間の女性は時として、歳を重ね「熟女」となる事があるが、学校はいくら歳を重ねても「熟女」になる事は無い。
いつまでも「清楚」で「可憐」な美しい女性のままなのだ!!

と、雨の中、独り言をつぶやきながら帰るのであった!!!!

高知県ランキング

イメージ 1

開校は明治8年

イメージ 2

旧194号沿いにある
イメージ 3

校庭の遊具
イメージ 4

奥に見える赤い橋は194号線
イメージ 5

少し離れて体育館とプール
イメージ 6

こんな場所に高知市内と同等規模の小学校があるのには驚くが、それは昭和43年産まれの自分にとっての感覚で、当時はこの地域が高知市内と同等以上に栄え、賑わっていたのだ。

高知県ランキング

イメージ 1

吾北村史によると、明治27年に小川小学校の第四(仏堂)、第五(高樽)分教場が設立され、その二つが明治34年に西谷小学校として独立しているので、東谷小学校は、それ以前の小川小学校の分教場が独立したものと思われる。

また三水小学校の児童(成川地区の児童)の中には距離的な問題で山越えで東谷小学校に通学していた児童もいたそうだ。
昭和26年に三水小学校が開設される前は、成川地区の学校はもっと遠い上西小学校だったので、なおさら多かった事だろう。
また長沢林用軌道が通っていた時代もあったので、今と当時では状況が全く異なっている。
イメージ 2


地元の方、卒業生らしき女性二人が掃除をしていたので、いろいろと話を聞かせて頂いた。
イメージ 3

現在は公民館になっている。
イメージ 4

いろいろと手入れをされているようで、またいろいろと活用されているそうだ。
この中で「カラオケ」も出来るとの事。
イメージ 5

そして駐車場を確保するために
イメージ 6

こっちのほうは壊したらしい。
イメージ 7

正面はサッシ窓だが、裏は当時の格子窓のまま
イメージ 8

学校前の階段「登り」
イメージ 9

「下り」
イメージ 10

学校の下の段のハウスがある場所が、昔の運動場で、その前はそこの校舎があり、その後校舎を今の位置に建てたそうだ。
イメージ 11

その横の建物は教員宿舎
イメージ 12

プールもある
イメージ 13

そして、この奥にある「奥大野」に向かう。
イメージ 14

重機で山を掘削して作った道の中に、
イメージ 15

当時の山道を発見
奥大野からの児童はこの道を通ってきたに違いない。
イメージ 16

今でもしっかりと手入れされている。
イメージ 17

明治27年、小川小学校の第四分教場のあった「仏堂」地区にも民家が数軒。
さらに山道を登ると、開けた場所がある。「奥大野」に到着。
イメージ 18

酒屋さんの看板発見
イメージ 19

岡林酒店
当時はここもジュースとお菓子を買いに来る子供達で賑わっていた事だろう!!
イメージ 20

綺麗な棚田がある
イメージ 21

南側の風景(写りが悪いのが残念)
イメージ 22

ここはもう昔のまんま
イメージ 23

イメージ 24

金属のフェンス以外は100年以上同じ風景だと思う。
イメージ 25

ここは昭和、大正、明治、江戸を遡り、人々が仲良く、豊かに、楽しく暮らしてきた場所なんだろうなと、つくずく思う!!
イメージ 26

長沢林用軌道の事もあるし、本川村の殿御舎小学校跡地には奥大野を越えていこうかなと思っている。
イメージ 27

帰り道、東谷小学校には
イメージ 28

街灯がついていた!!
イメージ 29

高知県ランキング

イメージ 1

吾北村史には、明治27年に小川小学校の第四(仏堂)、第五(高樽)分教場が設立され明治34年に独立し、西谷小学校となったとある。
イメージ 2

川又を過ぎ、西谷橋を渡る。
イメージ 3

イメージ 4

昭和37年
イメージ 5

もうすぐだ
イメージ 6

アマゴの養殖場があり、そこの方に話を聞くと、もう建物も壊して何もないとの事
イメージ 7

完全に更地になっていた
イメージ 8

この道路ふちのコンクリートだけが当時のまま
イメージ 9



在りし日の西谷小学校(いの町史より・平成29年8月30日追加)
イメージ 11


イメージ 12




井上正臣・追憶「わが母校」過疎・廃村写真集より・西谷小学校
イメージ 10

高知県ランキング

イメージ 1

現在は柳野公民館になっている。
イメージ 2

閉校の石碑
イメージ 3

開校 明治 7年
閉校 昭和 51年
イメージ 4

すこし手入れをして公民館にしているようだ
イメージ 5

閉校から40年か・・
イメージ 6

あんまり変わってないな。卒業生にとっては嬉しい事だろうか・・?
イメージ 7

井上正臣 追憶「わが母校」過疎・廃村写真集より。「柳野小学校」
イメージ 8
(当時の学校の写真は井上さんの写真をかなり使わせていただいてます)

そして運動場の東側にプールが
イメージ 9

15mぐらいかな
イメージ 10

バス停も既に「学校前」ではなくなっている。
イメージ 11

学校前の柳野のメインストリートだったかもしれない場所
イメージ 12

全ての卒業生が必ず食べ物と飲み物を買った事のあるだろうこの学校前の酒屋も・・
イメージ 13

学校前には教員宿舎らしき建物があり、西側には保育園跡地らしき敷地があり、地元の方に話を聞きたかったが、いらっしゃらなかった。

高知県ランキング

イメージ 1

小川小学校の開校も、明治7年の当時の西津賀才村の大野小学校と、新別村の新別小学校の開設にまで遡る。 小川小学校はその後、その二校が合併して出来たそうだ。
イメージ 2

そして明治22年(1889年)、町村制施行により、新別村、樅山村、西津賀才村、東津賀才村、成川村が合併し小川村となる。

また、下八川村は、下八川村、弘瀬村、十田村が合併
上八川村は、大窪村、野地村、寺野村、津賀野谷村、古江村、田野々村、西川村(清水村に分割合併?)
清水村は、清水村、程野村、西川村(上八川村と分割合併?)

更に旧小川小学校の敷地は、藩政初期、戦国末期の雄将そしてその名を知られた、高岡郡尾川の近沢将監の子孫 近沢千右衛門が新別村の弓場に医業を開き、その傍ら子弟を集めて文字を教えた(吾北村史より)、とあるからその教育場としての歴史は相当長い事になる。
イメージ 3

敷地もかなり大きい。旧小川小学校はこの場所に昭和51年まで存在した。
その後、現在の吾北小学校の場所で、東谷小学校、西谷小学校、柳野小学校と合併し
新しい小川小学校となる。
イメージ 4

現在は公民館になっている
イメージ 5

この敷地の前に石碑があったが、吾北村史によると、どうやら前記の近沢氏に関するものらしい。江戸前期にこの地に大水害があり、その時の復旧にかなり貢献したとの記載もあった。
イメージ 6

吾北村の小学校が、小川小学校の場所に統合され、吾北小学校となった今、当時の小川小学校の面影を残すのは、旧439号線沿いの、このバス停だけかもしれない。
イメージ 7

しかも現在いの町になってしまった吾北村が、それ以前の小川村だった時代の、さらにその前の新別村だった時代の名前さえ残してくれている。

因みに、小川は(おがわ)ではなく、伊尾木の小川川(おごう)でもなく
「こがわ」と読む。


明治 5年 学制発布
明治 6年 高知県下 小学校239校開設
明治 8年 日本全国に24215校の小学校
明治10年 高知県下 517校の小学校
明治15年 高知県小学校就学率51% 全国48%
明治23年    同     65% 同 55%

そして現在の高知県下の小学校の数(平成27年度 高知県・学校基本調査)
イメージ 8

とまあ、大きな時代の流れ、変遷はあったものの、現在場所は少し東に移動したとはいえ、藩政初期に始まった、あの旧小川小学校跡地で始まった、この地での「教育」の伝統は脈々と現在の吾北小学校に受け継がれている。

高知県ランキング

イメージ 1

開校は明治7年
現在いの町であり、平成16年以前は吾北村であり、さらに遡ると昭和31年以前は、清水村、上八川村、小川村、下八川村だったこの地域の学校の開設は、今まで訪問したその他の地域と比べて早く、時期も明治7年というのが多い。
下八川、中央、東谷、柳野、もそうだ。
その他の学校はまだ確認出来ていないが、昔役所のあった、上八川小学校、清水第一小学校付近、そして現在、唯一の小学校・吾北小学校のある場所で、ここより開設が遅かったという事は考えにくい。

そしてそれは、現在、過疎化が進行し、12校あった小学校が1校にまでなってしまったこの地域が、100年前は今では想像もつかない程 多くの人が住み、活気に溢れていたという事になる。
そして明治5年の学制発布の直後に、ほぼ統一して同時期に一斉に小学校が設立出来たという事は、それだけの活気があり、財力があり、人材がいて、住民全体が「教育」の必要性を十分に理解出来ていたという事になる。

そしてそれはまた別の表現をすると、それまでのこの地域での歴史、文化、伝統というものが、国家が組織的に行う「学校教育」というものに、即座に対応出来たという事になるし、それまでの「大人が子供達を育てる」という行為を、「学校教育」というものに「転用」しただけの話で、それまでのこの地域の「大人が子供を育てる」という伝統、文化は相当レベルの高いものだったのだと思う。

明治5年以降はそれが「学校教育」とい概念になっただけで、それ以前もそれに相当するもののレベルがかなり高く、学校教育というものを始めるには十分すぎる程、その基盤がしっかり出来ていたという事だ。

・・・とい事を考えながら、その地域の食料品店でお弁当と菓子パンを買って食べるちょっと遅めの御昼御飯てのは、なかなか別格の味だ。

●吾北村の小学校統合の流れ!!
イメージ 19
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中央小学校から上東小学校方面に向かう。
旧439号線を走る。
イメージ 2

そしてバイパスから再び、旧439号線へ!!
イメージ 3

左手にそれらしき石垣が
イメージ 4

レトロな看板のある酒屋
イメージ 5

そこが上東小学校跡だった。
イメージ 6

イメージ 7

玄関
イメージ 8

石碑
イメージ 9

そして上東中学校跡でもある
イメージ 10

開校100年の記念
イメージ 11

正門
イメージ 12

職員室
イメージ 13

廊下
イメージ 14

炊事室
イメージ 15

幼稚園も併設
イメージ 16

そして裏の一段高い場所に
イメージ 17

プールがある
小学生用2コース
幼児用1コース
イメージ 18

「飛び込み」を復活させよう!!!
ヘタレ教育にはうんざりだ!!!

高知県ランキング

↑このページのトップヘ